WiMAXの教本

WiMAXのキャンペーンを最大限に活用しよう

WiMAXでスプラトゥーン2はラグ、回線落ちなしでプレイ可能なのか?

任天堂Switchでも人気の高いソフト「スプラトゥーン2」はWiMAX回線を利用しても快適にプレイできるのでしょうか。正直なところプレイは出来るけどオススメはしない選択肢になります。

というよりもゲーム関係はできるだけ光回線を引くことをおすすめします。第一選択肢は光回線でそれが無理なら仕方なく、WiMAXを契約する。これが良いと思います。

なぜWiMAXではダメなのかを説明していきます。

WiMAXはPing値が高い

スプラトゥーン2は60fpsのゲームです。fpsというのはフレームパーセコンドの略です。

つまり簡単に言えば、1秒間の動画に60枚の静止画が使われていますよ、という意味。

出典:ニコニコ大百科

スプラはオンラインゲームなので自分のキャラクターの情報をサーバーに通信してやりとりしています。このやり取りで重要なのが回線のPing値です。Ping値はその回線の応答速度のことなんですが、数値が小さければ小さいほど速いです。そして数値が小さいほどサーバーへの情報を送るのが速くなります。光回線だと3MSと9MSとか一桁台の数値になります。

一方でWiMAXだとこの数値が50~100msの数値が多いでしょうか。数値が大きくなるということはWiMAXが一回情報を通信している間に光回線はその10倍近くの情報を通信しています。これがラグ(同期ズレ)の正体です。

海外勢がラグいのもこれが原因です。物理的にサーバーまでの距離が遠いのでどうしても同期が遅れるからです。

このようにそもそも無線通信のWiMAXはPing値が高いために同期ズレを起こしてしまいます。

またラグだけでなく、さらなる問題もあります。

モバイル回線は安定しない

WiMAXのさらなる問題点は無線で通信する回線は速度やPing値が安定しないこと。通信速度はダウンロードやアップロード時の回線速度で、一度に送信できるデータ量を表しています。

この通信環境がWiMAXはどうしても安定しません。急に低速に落ちることもあるし、速い速度がでることもあります。時間帯によってとか、そんな話ではなく同じ時間に同じ場所で連続して通信速度を計測しているとハッキリとわかります。

この両方の数値が光回線なら有線で接続されているだけに安定しているのですが、WiMAXは無線で通信するために速度がかなり不安定です。一瞬速度が落ちたり、急激に速度が上がったりすることが多く、ずっと同じ数値で安定していることはほぼありません。これがオンラインゲームには致命的。これも同期ズレやラグを生む原因になりますし、回線落ちしやすくなります。

ウデマエを上げたいならWiMAXは選択しないほうが良い

いま「光回線」or「WiMAX」の選択肢があるなら間違いなく光回線を選んでください。光回線も昔は高かったのものですが、いまはマンションタイプの居住者が多い場所ならかなり安く契約できます。WiMAXとも大差ないですよ。

ウデマエを上げてX帯を目指したり友達と甲子園を目指すなら間違いなく光回線をおすすめします。

もし光回線がどうしても引けない環境なら妥協してWiMAXを選択することになりますが、その場合でもクレードルをセットで購入してLANケーブル接続するようにしましょう。Wifiを使わないだけ多少はマシになります。